戸建て住宅が人気

不動産投資を行う場合、住宅を建てて貸し出すのが最も収入を得られる方法だと言えるでしょう。住宅にはマンションやアパートなどの集合住宅と、一軒家などの戸建て住宅が存在しています。不動産投資を有効活用する場合には、どちらがお得なのでしょうか。それは所持している土地と場所によって大きく変わってきます。しかし、最近は集合住宅よりも、戸建て住宅に住みたい人が増えているのです。

なぜ戸建て住宅に住みたい人が多いのかというと、近隣住民とのトラブルを回避するためです。集合住宅は隣と壁1枚で仕切られているだけなので、大きな音を出すと聞こえてしまうこともあるでしょう。しかも上の階で大きな音を立てることで、下の階の住民にも聞こえてしまいます。このような騒音トラブルが集合住宅では多くなっているのです。

特に若い人は夜型になっているので、夜間お酒を飲んで大きな声で話す人が多いのもトラブルの原因だと言えるでしょう。それに比べて一軒家であれば、多少大きな音を出しても近隣住民に迷惑をかけてしまう率が低くなっているのです。だからこそ賃貸住宅であっても、集合住宅より一軒家に住みたい人が多いと言えるでしょう。そのため、不動産投資の際には、一軒家を建てた方が部屋を借りてくれる確率が高いのです。