長期収入が期待できる

集合住宅の賃貸に比べて、一軒家の賃貸というのは、長期間安定収入を得やすいと言えるでしょう。なぜなら同じ賃貸住宅であっても、借りる人の層が異なっているからです。最近は不景気や増税、物価高の影響により、土地が維持できずに売ってしまう人が増えています。そのため、マンションのような大きな建物を建てられる土地を持っている人はかなり少ないでしょう。

それほど大きな土地でないのであれば、1人暮らし用のワンルームマンションが多くなるのが当然です。このような場合、学生や若い独身の人が多いので、出入りが多くなっていると言えるでしょう。昔は2年おきの更新で家賃の値上がりをすることが多かったのですが、最近では据え置きが一般的です。それに対して一軒家の賃貸であれば、ファミリー層が借りてくれるので、比較的長期間安定した収入が得られます。

Link・・・はじめよう!不動産投資 – 投資の窓口

このように長期間借りてくれる層が借りてくれる可能性が高いというのが、不動産投資で戸建て住宅を貸し出すメリットだと言えるでしょう。仮に自分が長期出張などで家をしばらく空けるときにも、一軒家であれば自由に貸し出しを行い、修繕なども自由に行えるというメリットもあるのです。マンションやアパートは修繕時にトラブルになるケースも多くあります。